プリスクールとは

子供英会話は幼児期から始めるのが一番!

子供英会話

〜 親子で楽しく英語の勉強 〜


 

TOP  
子供英会話のすすめ
 
子供英会話スクール
子供英会話の種類
プリスクールとは
年代別・最適学習法
 
選ぶポイント
子供が楽しく続けられる?
フォーム
お問い合わせ
 
 



[PR] 小学校受験のICE

プリスクールとは

プリスクールとは子供を英語環境
で保育してもらう施設のことです。
一般的には週4〜5日通って、4〜5
時間子供を預けます。先生はメイン
が外国人教師、補助スタッフで英語
教師、補助スタッフで英語を話せる
日本人スタッフが入ることが
多いです。

保育内容は、音楽(英語の歌を歌う、英語の歌に合わせて踊る)、工作、
料理など保育園というよりは幼稚園に内容が近く、幼稚園に入る前の集団
生活を覚える場所として3、4歳(スタートは2歳くらい)を対象にしています。

また、プリスクールを幼稚園の入園とともに辞めるお子さんが多いです。
辞める理由としては、プリスクール自体に幼稚園にかわるカリキュラムを
用意しているところが少ないのと、子供にはもっと人数の多い集団生活を
幼稚園で学ばせたいと考える親御さんが多いのが主な理由です。

ただし、幼稚園に通うお子さんのために、アフタースクールを実施している
所も多く、お稽古として「英語」を続けるお子さんは多いです。

 

プリスクールの種類

一口にプリスクールと言っても、インターナショナル系列のプリスクールも
あれば、保育園の中にプリスクールがあったり、プリスクールとして独立
して経営されているものもあります。しかし、ほとんどは無認可の保育
施設ですので、カテゴリーは塾などと一緒になります。
プリスクールの一クラスはだいたい10名くらいで構成されていて、1日は
登園、自由遊び、音楽、ランチ、読み聞かせまたは工作または外遊び
など、お遊戯、降園といった流れになっていて、週1回からでも通うことが
できる教室が増えてます。

 

プリスクールの費用

費用は年間50万〜100万とプリスクールによって違いますが、最多価格帯は
70万〜80万くらいです。価格の違いは週何回通うかによって変わってき
ますが、年齢があがれば、教材も難しくなるので費用が高くなるのが一般
的です。また、教材費、施設費、サマースクールやハロウィンなどのイベン
トの参加は別料金となっている所がほとんどです。

 

プリスクールを選ぶポイント

プリスクールは無認可とは言え、4〜5時間子供を預けるのでまず子供に
とってどうかという点と保育というよりは「幼児教育」を前面に打ち出している
スクールが多いので、そのカリキュラムがどうかという点が大切なチェック
項目になってきます。
それをふまえたうえで、「体験レッスン」の受講は必要不可欠です。
下記にチェック項目を紹介しますので、参考にして下さい。

えんぴつ


 1.プリスクール内の雰囲気

まずは子供が楽しく過ごせそうな雰囲気があるかを確かめます。その上で
プリスクールの安全面 (床の材質、扉の施錠など)、広さは十分にあるか、
衛生面(清掃が行き届いているか、トイレ など)、子供が楽しめそうなおも
ちゃや絵本があるかなどを見ます。

えんぴつ


 2.先生の質

外国人教師がメインで補佐に英語を話せる日本人スタッフが入るという
プリスクールが多いですが、 外国人教師の経験実績、出身国(母国語が
英語で無い場合もあるので)、日本人スタッフは 保育士・幼稚園教諭など
の有資格者かどうかなどを確認します。体験レッスンで我が子 がその場
に慣れていくように誘導してくれるかなども観察します。

えんぴつ


 3.カリキュラム

完全に英語か、多少日本語が混じるのかで子供の英語の習熟度は
違います。また、プリスクールに一緒に通うお子さんが 日本人だけか
多国籍かでも異なります。
また、英語の歌を歌ったりなどの内遊びばかりでなく、外遊びも充実してる
かを確認します。料理、遠足、ハロウィンなどのイベントの開催頻度を年間
のスケジュールで確認するのもお忘れなく。

えんぴつ


 4.費用

費用はとても大きなポイントです。月の月謝は6万が上限だと思います。
なぜかといいますと、公立の保育園の月の保育料が2、3歳児だと5万
くらいなので、そこに英語を加味しても6万くらいが妥当だと思います。

年間で70万 ちょっとですが、それ以外
にも施設費、教材費、イベント参加費
などがかかるので、その費用も 予め
どれくらいかかるのか確認しておきま
しょう。

 

Favorite

2017/1/13 更新

 


Copyright (C) 2008子供英会話  All Rights Reserved