子供英会話の種類

子供英会話は幼児期から始めるのが一番!

子供英会話

〜 親子で楽しく英語の勉強 〜


 

TOP  
子供英会話のすすめ
 
子供英会話スクール
子供英会話の種類
プリスクールとは
年代別・最適学習法
 
選ぶポイント
子供が楽しく続けられる?
フォーム
お問い合わせ
 
 



子供英会話の種類

子供英会話スクールを、“子供専
門校か大人英会話併設校か”、
“教師は外国人か日本人か”の
2つの点から眺めてみて大きく
分けると、以下のような4つの
タイプに分かれます。

 

えんぴつ


 A.全国規模の英会話校の子供部門で、教師は主に外国人

このタイプとCタイプは教師が外国人です。外国人教師を使うと
人件費が高くなりますので、授業料は高めに設定されるケースが
多いです。Cタイプと比較すると、スクール全体の経営規模が大きく
Cタイプよりは料金は少し低めが普通です。このタイプの長所は、
スクールが全国規模であるので転居をしても同質レッスンが受講
できること、通学に便利なことです。
難点としては経営の優先度がどうしても大人部門になりがちなので、
BタイプやCタイプに比較して教室施設、スタッフ、プログラムなど
教師以外のスクール構成要素が大人中心になりやすいことです。
また、ていねいな面倒見は期待しにくい場合もあります。

えんぴつ


 B.小規模多拠点方式校で、教師は主として日本人

このタイプの長所は、“近くて安い”ことです。Aタイプ以上に拠点数が
多く通学には便利で、価格も外国人教師のタイプに比べて安く設定さ
れています。ほとんどの教師が子供英語に深い関心を持っているので
熱心で愛情のあるレッスンがされることが多いです。
難点は、教師が日本人であることから、一部の例外的な教師を除いて、
教師としての英語力に限界があることです。特に、発音やリズムといっ
た音声分野に難点があったりするという点です。

えんぴつ


 C.子供専門英会話校で、教師は主として外国人

教師が外国人であるという点ではAタイプに類似していて、子供専門校
であるという点ではBタイプと似ています。Bタイプは、マンションなどの
小スペースを教室に充当するのが普通ですが、Cタイプの場合はAタイプ
同様にビルの中の一定スペースをスクールとして確保し、その専用スペ
ースで教師、施設、スタッフなど全ての要素を“子供”に焦点を合わせて
運営するのが普通です。
外国人教師も子供専門の教師で、また施設なども子供用にアレンジさ
れています。一方、Aタイプのように拠点数が多いわけではないので通学
の利便性は劣ります。

えんぴつ


 D.個人が開設する小規模教室で、教師は外国人か日本人

一般的に日本人教師か外国人教師がオーナー兼教師として近隣の
子供たちを集めて運営する教室です。Bタイプに似て“近くて安い”です。
アットホームな暖かい雰囲気で親しみやすさを持つところもあります。
また教室によっては優れた見識と技量を持ったオーナーが情熱をもって
ハイレベルのレッスンを提供している場合もあります。
難点としては、オーナーである教師の力量が全てを決めるわけですが、
情報が少ないので外部からではなかなか優劣が判断しにくいことです。

 

以上のようなスクールの“タイプ”は、
スクール選択の際にある程度の参考
になります。“とにかくちょっとやって
みる”だけなのであれば、“近くで
安い”ことが重要かもしれないですし
どうしても外国人のレッスンを受けさ
せたいというのであれば、そのような
スクールを選択することが必要にな
ります。

 

recommend

Last update:2017/6/30

 


Copyright (C) 2008子供英会話  All Rights Reserved